痛風に効く食事は和食がいい

私たち日本人の食生活は昔と比べて大きく変化しています。主食のコメを中心に、水産物、畜産物、野菜などの多様な副食品が加わった「日本型食生活」から、肉中心の高タンパク質で高カロリーな「欧米型食生活」へと変化しています。

 

また、コンビニエンスストアやファストフード店などの普及により、食べたいときにいつでも気軽にスナック菓子やソフトドリンクなどが購入できるために、糖分や脂肪分を過剰に摂取してしまいがちです

 

。日本は長寿大国になったのですが、一方ではさまざまな生活習慣病が増えているのです。そんななか、2013年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録。いまや世界各国で日本型食生活が注目され、和食ブームが巻き起こっています。和食の特徴は、多様で新鮮な食材とその持ち味を生かした調理方法と一汁三菜を基本とする栄養バランスに優れたところにあります。

 

 

また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現して、肥満防止や長寿に役立っています。痛風・高尿酸血症を改善、予防するためにも、日本型食生活に切り替え、和食マイブームを起こしましょう。