糖質の種類

 

糖質は、炭水化物から食物繊維を除いたもので、体の主要なエネルギー源となる栄養素のひとつ。その構造によって、多糖類、単糖類、二糖類(小糖類)の3つ種類に分けることができる。

 

多糖類

穀物やいも類に含まれているデンプンなど。

 

単糖類

果物やはちみつなどに含まれる果糖やブドウ糖など。とくに多い果物は、バナナやぶどう、りんごなど。

 

二糖類

砂糖に含まれるショ糖、牛乳に含まれる乳糖、水あめに含まれる麦芽糖。小糖類の一部。

 

糖質を過剰摂取すると糖質の分解に肝臓がフル活動して尿酸がたまってしまう!

 

プリン体よりも糖分を控えよう

 

尿酸値を上げる食品として油断ならないのが、甘いものに含まれる「糖質」です。上記のように、糖質には「多糖類」と「単糖類」、そして「二糖類」の3種類に分けられています。果糖(単糖類)や砂糖(二糖類)は、体内に入ると短時間で分解および吸収されて、すぐにエネルギー源となるのです。

 

体力を消耗したときや低血糖の状態になったとき、すばやく働き、血糖値を上昇させ、脳へのエネルギー補給や疲労回復に役立ちます。ただし、過剰摂取した場合は、脂肪として蓄積されるため、尿酸値を上昇させてしまいます。

 

一方、穀類やいも類に含まれるデンプン(多糖類)は、体内での分解および吸収が緩やかなため、エネルギーへの転換に時間がかかります。そのぶん、脂質として体内に蓄積される危険性が少なく、尿酸値も上昇させません。朝ごはんを食べるのは理にかなっているのです。炭水化物からのエネルギー摂取を控えめにして、総摂取エネルギーの半分くらいにとどめることで、体内の脂肪の蓄積を少なくすることができます。