プリン体の多い食品

尿酸値

食事からとるプリン体は、それほど神経質にならなくてもよいのですが、とりすぎは禁物です。高プリン体の食品をできるだけ避けて、1日の摂取量を400mgまでを目安に、食生活全体の改善を心がけよう。

 

 

 

 

きわめて多い(300mg以上)

あんこう肝(酒蒸し)、いさき白子、真いわし(干物)、鶏レバーなど

 

多い(100〜300mg)

豚レバー、牛レバー、大正えび、あじ(干物)、かつお、いわし、いか(するめ)、まぐろ、さんま(干物)など

 

少ない(50〜100mg)

うまぎ、わかさぎ、豚ロース、牛肩ロース、ほうれん草、カリフラワー、豆もやし、ブロッコリー、ほたてなど

 

きわめて少ない(50mg以下)

鶏卵、牛乳、魚肉ソーセージ、チーズ、さつま揚げ、豆腐、キャベツ、コンビーフ、トマト、かまぼこ、海藻類など

 

 

プリン体の多い食品は、過剰摂取を避ける

 

現在、「プリン体ゼロ」や「プリン体オフ」というように、プリン体をカットしたアルコール飲料などが売り出されるなど、痛風・高尿酸血症患者の増加とともに、プリン体への関心は非常に高まっています。プリン体は、尿酸のもとになる物質で、肉や魚、ビールなど、さまざまな食品の中に多く含まれています。

 

以前は、高プリン体の食品を極力排除することが、痛風・高尿酸血症の改善策とかんがえられてきました。しかし、プリン体は多くの食品に含まれており極端な制限は摂取食品のバランスを悪くしかねません。

 

 

また、食事から摂取するプリン体の量よりも、体内の代謝によって生産、増加するほうが多いのです。高プリン体食品を避ければ、プリン体自体の摂取はそれほど厳しくなくてもよいのです。ただし、あんこうの肝、レバー類、干物など、酒の肴となるものには、高プリン体食品が多いことも知っておく必要があります。