動脈硬化と尿酸値

尿酸値

これまで高尿酸血症の人は、高脂血症、高血圧、糖尿病などを合併して動脈硬化して心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすと考えられていましたが、最近では尿酸値が高いこと自体が動脈硬化の危険因子になるとわかっています。

 

 

 

 

 

血管壁にコレステロールが溜まって、血流が悪くなる

 

血栓が形成されると血管がふさがってしまう

 

動脈硬化が進行すると・・・・・

 

心臓に大きな負担がかかる

 

臓器、組織が正しく機能しなくなる

 

血管が破れやすくなる

 

「虚血性心疾患」や「脳血管疾患」は「動脈硬化」からきている

 

日本人の脂肪原因は、

 

1位「がん(悪性新生物)」

 

2位「心疾患」

 

3位「脳血管疾患」

 

となっています。超高齢社会を迎えた日本では、がん罹患率や死亡者数がふえていることは事実なのですが、がんになる人は医療技術の進歩により、がんの死亡率が下がっているのも事実です。

 

一方、心疾患と脳血管疾患においては、最大の危険因子となっているのが「動脈硬化」です。動脈硬化は、心臓から全身に血液を送り込んでいる大動脈、脳動脈、冠動脈など、比較的太い動脈が固くなる病気です。

 

動脈が硬くなると、その特性であるしなやかな弾力性が失われ、血液をうまく送り出せず、心臓に負担をかけてしまいます。また、血管の内壁がもろくなって粥腫ができ、血管が狭くなったり詰まったりします。

 

その結果、必要な酸素や栄養がいきわたらず臓器や組織が障害、壊死してしまいます。