病態のタイプ別で使い分ける尿酸降下薬

尿酸の排泄が少ない「排泄低下型」

 

尿酸排泄促進薬

 

腎臓の尿細管に働きかけ、尿酸を排泄しやすくなるための薬。

 

ベンズブロマロン(商品名:ユリノーム錠)

尿酸排泄作用が強く、作用の持続時間が長い。尿酸排泄促進薬の中でも最も使われている薬。

副作用:まれに肝障害

 

プリベネシド(ベネシット錠)

痛風の治療薬として最初に開発された薬。抗生物質などと併用すると、それらの作用を阻害するため組み合わせには注意が必要。使用頻度は低くなっている。

副作用:まれに肝障害、貧血など。薬物の相互作用が多い。

 

ブコローム(商品名:パラミジン)

非ステロイド抗炎症薬として、関節炎などを抑えるために開発されたもの。尿酸の排泄も促進する。

副作用:胃腸障害など。

 

尿酸の生産が多い「産生過剰型」

 

尿酸生成抑制薬

肝臓で尿酸がつくられるときに働く酵素(キサンチンオキシターゼ)の働きを阻害し、尿酸が作られる量を抑制する。

 

アロプリノール(商品名:ザイロッリック錠)

尿酸の生成を抑制するための薬として長年使用されるので、腎臓に疾患がある場合は用量を制限する。

副作用:まれに皮膚粘膜眼症候群、肝障害など。

 

フェブキソスタット(商品名:フェブリク錠)

新薬として開発。アロプリノールに比べて用量が少なく、腎臓だけでなく肝臓からも排泄されるのが特徴のひとつ。

副作用:発疹。

 

その他

酸性尿改善薬

酸性した尿を改善するための尿アルカリ化薬。

 

クエン酸ナトリウム(商品名:ウラリット)

尿酸排泄促進剤による尿路結石の予防として使用することもある。
副作用:カリウム値の上昇など。

 

 

生活改善でも尿酸値が下がらなければ治療薬を服用

 

無症候性高尿酸血症(尿酸値7.0以上)と診断されて、生活習慣を改善しても尿酸値が下がらず、痛風発作が起こった時は薬物療法に踏み切ります。また、合併症がおこっているときも薬物療法を行うことがあります。

 

薬物療法をあ肘めるにあたっては高尿酸血症の病態(排泄低下型、産生過剰型)を調べ、その病態に適した薬を用います。尿酸値を下げる薬(尿酸低下型、産生過剰型)を調べ、その病態に適した薬を用います。

 

尿酸値を下げる薬(尿酸下降薬)は、尿酸排泄促進薬と尿酸生成抑制薬の2種類の分けることができます。排泄低下型の場合は、腎臓からの排泄がくすないので、腎臓の尿細管という部分に作用して尿酸の排泄を促す「尿酸排泄促進薬」が適します。

 

産生過剰型の場合には、尿酸が体内で過剰に作られるのを抑える「尿酸生成抑制薬」を用います。肝臓で尿酸をつくる酵素の働きを阻害することで尿酸の合成を抑制します。このほか腎機能や尿路結石の有無、併用薬などによっても薬を使い分けます。近年は新薬も開発されており、血清尿酸値をコントロールしていくうえで力強いことです。