痛風とメタボリックシンドロームの関係

尿酸値

検査と問診、視診、既往歴などを総合的に判断し、最終的な診断を下します。高尿酸血症は、「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」によって、性、年齢を問わず、血液中の尿酸値溶解限度である「尿酸値7.0mg/dle」を超えろものと定義されているます。

 

これまで痛風・高尿酸血症に関して関心も知識もなかった人は、健康診断などの検査結果、尿酸値が8.0mg/dlともいわれても、基準値の7.0mg/dlからわずか1.0多いだけではないかと思いがちです。

 

 

しかし、このわずかな数値に大きな問題があるのです。実際、7.0では治療対象にならなくても、8.0台からは痛風発作を起こす危険性あ徐々に高まっていきます。尿酸値が基準値を超えたら、治療を開始するか否かにかかわらず、適正な対応を考える必要があります。早めに専門医に相談しましょう。

 

高尿酸血症では尿酸値6.0mg/dl以下をめざす

 

高尿酸血症と診断されたからといって、すぐに尿酸値を下げる治療薬は必要になるわけではありません。尿酸値7.0mg/dlを超えている人は、まずは食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒といった生活習慣を見直しましょう。ただし、次のような人は治療薬を飲むことをすすめられますので、医師に相談しましょう。

 

痛風発作を起こしたことがある、もしくは痛風結節のある人

 

尿酸値8.0mg/dl以上で、合併症がある人

 

尿酸値9.0mg/dl以上の人

 

痛風と高尿酸血症の根本治療は、尿酸値6.0mg/dl以下をめざした尿酸値の継続的なコントロールにあります。この数値を保つと、関節に沈着している結晶が溶け出し、痛風発作や合併症のリスクが減るといわれています。痛風発作の炎症を鎮める治療とは分けて考えます。

 

 

痛風・高尿酸血症治療の進め方

 

痛風の治療は、「関節炎の治療」「高尿酸血症の治療」「合併症の予防と治療」の3本柱で行われる。尿酸h氏は3〜6か月かけて徐々に低下させ、6.0mg/dl以下に安定させます。焦らず根気よく治療を続けていくことが大切です。