痛風・高尿酸血症が怖いのは合併症記事一覧

痛風・高尿酸血症に併発しやすいのが、尿路結石です。尿路結石とは、腎臓から尿管、膀胱、尿道など、尿の通りに結晶の医師ができることによって起こる症状の総称です。結石というのは多くの人にしばしばできているものですが、結石が尿管よりも小さい場合(5mm以下)は、自然に尿とともに排出されています。しかし、結石が尿管よりも小さい場合(5mm以下)は、自然に尿とともに排出されています。しかし、結石が大きい場合に...

近年、腎不全を進行させて人工透析を受ける人が増加していることや、腎機能が低下する慢性腎臓病が心筋梗塞や脳梗塞などの発症、進行を増加させることがあきらかになっています。慢性腎臓病は注意すべき病気のひとつです。人工透析慢性腎不全になって回復の見込みがない場合は、腎臓の働きを人工的に代替する透析が行われる。週に数回、4〜5時間の透析を障害受けることに。尿酸値を管理して、腎臓の機能を大切にしよう腎臓の中に...

脂質異常症とは、血液中の中性脂肪やコレステロールが増えすぎる状態をいいます。血液中の脂質が増えすぎると血液の内側にたまって、血液がドロドロになって血管が詰まりやすくなります。放置しておくと、動脈硬化を促進させてしまいます。しかし、動脈硬化が起きていても自覚症状はほとんどありません。だからといって放置しておくと、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、その原因が脂質異常にあったと気づくのです。...

高血圧の恐ろしさは、高血圧による動脈硬化が原因で、生命にかかわる脳や心臓の血管障害をおこしやすくなることです。最悪の場合、死に至ります。血圧が急激に上がる要因チェックポイントカッとなりやすい性格自動車運転サウナの後の水風呂尿をがまんする腕立て伏せなどの無酸素運動高尿酸血症は「脳梗塞」「心筋梗塞」「腎不全」などを引き起こす高尿酸血症患者の約20%、痛風患者の40%以上が高血圧症を併発。また、高血圧症...

糖尿病と痛風。高尿酸血症を併発している場合、腎臓病と動脈硬化のリスクが高まるので注意しないといけません。尿酸値と血糖値の療法をコントロールすることが大切です。糖尿病高尿酸血症特徴血液中のブドウ糖濃度「血糖値」が高い状態が続く血液中の尿酸濃度「尿酸値」が高い状態が続く原因遺伝的な要因と環境要因(生活習慣病)遺伝的な要因と環境要因(生活習慣)血糖や尿酸が増える理由インスリン作用不足による糖代謝異常代謝...

虚血性心疾患の恐ろしいのは、初発症状から24時間以内に死亡する「突然死」です。働き盛りの突然死に多いのが、急性心筋梗塞です。心臓を停止させる直接の原因は、多くが心室細動という、小刻みに震える不整脈です。一刻も早く救急車を呼んで、専門医による治療を受けなければなりません。肥満や高血圧があるほどリスクは高いが、若くても心筋梗塞は注意が必要!狭心症や心筋梗塞をまとめて「虚血性心疾患」と呼びます。心臓の筋...

発症の危機が迫ると、顔面神経麻痺、言語障害、間隔障害などの「前ぶれ」というべき症状が現れます。少しでもおかしいと感じたら、すぐに病院(脳神経外科など)を受診してください。早期発見ができるかどうかで、治療も大きく変わってきます。前ぶれ発作チェックポイント手足や顔面がしびれるろれつが回らず、うまく話せないめまいやたちくらみがある目の焦点が合わない歩くとつまずきやすい脳梗塞や脳出血がいちばん怖いのは、麻...

これまで高尿酸血症の人は、高脂血症、高血圧、糖尿病などを合併して動脈硬化して心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすと考えられていましたが、最近では尿酸値が高いこと自体が動脈硬化の危険因子になるとわかっています。血管壁にコレステロールが溜まって、血流が悪くなる血栓が形成されると血管がふさがってしまう動脈硬化が進行すると・・・・・心臓に大きな負担がかかる臓器、組織が正しく機能しなくなる血管が破れやすくなる「...

合併症がある人は、次のような点に注意が必要です。日常生活についても医師によく相談しながら、生活習慣の改善を進めていきましょう。軽い運動の場合も、必ず医師に相談してから行う。腎臓病や心臓病などの合併症のある人は、水分を取りすぎると危険な場合もある。高血圧の薬をのんでいる人は、副作用に注意が必要。朝目覚めた直後の一服や飲酒しながらの喫煙は危険。これを機に禁煙を!合併症を発症している人の日常生活での注意...

偽痛風という名前のとおり、痛風と非常によく似ている症状です。痛風は尿酸の結晶が関節炎を起こす病気です。これに対し、偽痛風はピロリン酸カルシウムという結晶が関節炎を起こす病気です。そのため、X線検査を行えば、X線写真に石灰化した結晶が写り、判別ができます。初期から膝や肘などの大きな関節に発症します。60歳以降の高齢者に好発しますが、男女差はありません。痛風と間違いやすい、症状のよく似ている病気突然、...

検査と問診、視診、既往歴などを総合的に判断し、最終的な診断を下します。高尿酸血症は、「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」によって、性、年齢を問わず、血液中の尿酸値溶解限度である「尿酸値7.0mg/dle」を超えろものと定義されているます。これまで痛風・高尿酸血症に関して関心も知識もなかった人は、健康診断などの検査結果、尿酸値が8.0mg/dlともいわれても、基準値の7.0mg/dlからわずか1....

痛風の治療は、「関節炎の治療」「高尿酸血症の治療」「合併症の予防と治療」の3本柱で行われる。尿酸値は3〜6か月かけて徐々に低下させ、6.0mg/dl以下に安定させます。焦らず根気よく治療を続けていくことが大切です。高尿酸血症は6.0まで下げよう高尿酸血症と診断されたからといって、すぐに尿酸値を下げる治療薬が必要になるわけではありません。尿酸値が7.0mg/dlを超えている人は、まずは食習慣、運動習...

痛風・高尿酸血症の治療は、長期間の服用が必要になる場合もある。尿酸値のコントロール状況と副作用のチェックのために、定期的な血液、に尿検査が行われます。尿酸値、薬剤名、体重、血圧などを記録して、自己管理に役立てましょう。「薬物療法」以外にも「生活改善」を試みる痛風の治療は、「生活習慣病」と「薬物療法」という2本柱で行っていきます。薬物療法では、次の3つが重要な柱になります。痛風発作の激痛を沈静化する...

尿酸の排泄が少ない「排泄低下型」尿酸排泄促進薬腎臓の尿細管に働きかけ、尿酸を排泄しやすくなるための薬。ベンズブロマロン(商品名:ユリノーム錠)尿酸排泄作用が強く、作用の持続時間が長い。尿酸排泄促進薬の中でも最も使われている薬。副作用:まれに肝障害プリベネシド(ベネシット錠)痛風の治療薬として最初に開発された薬。抗生物質などと併用すると、それらの作用を阻害するため組み合わせには注意が必要。使用頻度は...

痛風。高尿酸血症の治療薬は、発作前、発作時、発作後の経過に合わせて、以下のように処方される。激しい痛みを抑えるだけでなく、痛風発作を未然に防ぎ、再発を予防することもできる。発作前発作を未然に防ぐ、軽くするこんな症状:ピリピリ、ムズムズする、軽い痛みが出るコルヒチン尿酸の結晶を攻撃しようとする白血球の働きを妨げる。痛みを止める作用もあるが、予防薬としての効果が高い。薬を携帯して予兆があったら服用する...