痛風発作が起きたときの対処法

 

尿酸値

痛風発作が起きたら、あわてずに患部を心臓より高くして冷やします。幹部を安静にする工夫をしましょう。薬がない場合はできるだけ早く病院を受診してください。

 

 

 

 

痛風発作中のチェックポイント

 

応急処置(アイシング)
患部の安静
足に合った靴を履く
動物由来の高プリン体の摂取を避ける
アルコールを避ける

 

痛風発作おきたときの対処はどうするのか?

 

痛風発作が起きる時間帯というのは、深夜や朝方という病院の休診時間が多いのです。発作が起こった時は、次の応急処置を行いましょう。

 

処方薬を飲む

医師から痛風発作用に処方された薬があれば、すぐに服用して痛みをやわらげます。アスピリン薬は市販していますが、尿酸値を上昇させることがある薬なので、発作がひどくなる場合もあります。このためアスピリン薬の服用は避けるのが一般的です。

 

患部を心臓より高くする

座布団などを折り曲げて足をのせ、仰向けにになります。幹部は、心臓より高い位置に保ち、安静に保てるように工夫しましょう。無理に歩き回るのも禁物です。

 

患部を冷やす

入浴して温めたり、マッサージしたりするのはよくありません。