尿の酸性度を測定して「アルカリ尿」か「酸性尿」かを調べる

あなたはアルカリ尿?酸性尿?

尿酸値

尿pH1の基準値は、pH値6.0〜7.0です。pH値7.0以上ならアルカリ尿、pH値7.0以上ならアルカリ尿、pH値6.0以下なら酸性尿という目安になります。ただし、尿のpH値は、過呼吸、ビタミンB2の服用、尿路の感染などの場合はアルカリ性に傾きます。激しい運動後m暴飲暴食、発熱、脱水、下剤などの場合は、酸性に傾くという傾向があります。

 

尿検査して「アルカリ尿」か「酸性尿」かを調べよう

 

血清尿酸値の測定と一緒に、尿の酸性度を測定する「尿のpH検査」を行うのかが一般的です。採取した尿はpH6.5程度の弱酸性の状態に保たれている。これが強酸性や強アルカリ性に傾いた場合、なんらかの異常によって体内バランスが崩れていることを示唆します。

 

高値の場合は「アルカリ尿」といい、膀胱炎や腎盂腎炎などが原因などが原因で起こります。低値の場合は「酸性尿」といいます。痛風や尿路結石、糖尿病などがみられます。痛風のひとは尿が酸性になりやすいのです。

 

尿検査では、pHnoほか、尿たんぱく、尿糖、尿潜血反応、尿沈渣、尿量、尿比重などを調べることで、腎機能の異常などがわかります。尿潜血反応が陽性の場合は尿路結石を合併していることがあります。