痛風・高尿酸血症の検査と診断、最新治療記事一覧

時には、骨に響くような痛みや、筋や腱の異常が疑われるような激痛であるため、整形外科や接骨院へ駆け込むひともいます。痛風は何科を受診するのか、迷うところです。痛風の場合は、「内科」「整形外科」を受診するのが一般的です。内科でも「リウマチ科」「腎臓内科」「内分泌代謝内科」というように、痛風専門に治療するところもあります。大学病院や総合病院などでは、内分泌代謝やリウマチ科に痛風専門医がいることもあります...

血液検査では、貧血、脂質異常症、糖尿病、腎臓病、肝臓病といった多くの病気がわかります。採決した血液を試験管に入れてしばらくすると、上澄め部分の血清(タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ホルモン、酵素、水分など)と、沈殿した部分の血球(赤血球、白血球、血小板)に分類します。血清には、代謝に関連した成分が多く含まれているため、痛風・高尿酸血症と密接な関係のある尿酸や腎臓機能の働きを調べることができます。...

尿pH1の基準値は、pH値6.0〜7.0です。pH値7.0以上ならアルカリ尿、pH値7.0以上ならアルカリ尿、pH値6.0以下なら酸性尿という目安になります。ただし、尿のpH値は、過呼吸、ビタミンB2の服用、尿路の感染などの場合はアルカリ性に傾きます。激しい運動後m暴飲暴食、発熱、脱水、下剤などの場合は、酸性に傾くという傾向があります。尿検査して「アルカリ尿」か「酸性尿」かを調べよう血清尿酸値の測...

痛風にとっては、尿酸の結晶こそが悪の根源。関節液を採取し、偏光顕微鏡による尿酸の結晶の証明は、診断につながる有力な証拠です。足の親指のつけ根が赤く腫れあがった「痛風関節炎」関節腔に針を刺して、関節液を採取します。偏光顕微鏡で尿酸の結晶を確認する。細かきガラス破片のような結晶が、滑膜からはがれて関節腔に落ちることで炎症が起こる。尿酸の結晶の検出を行う関節液の検査関節液検査とは、関節腔に針を刺して、関...

腹部超音波検査などと同様、観察する関節周辺部に検査用ゼリーをつけて、プロープ(探触子)と呼ばれる装置をあてるだけです。観察する関節の部位や数にもよりますが、検査の所要時間は10〜20分程度です。治療期間に定期的に関節内に沈着した尿酸の結晶を観察することで、治療効果の判定にも役立つと考えられている。関節にエコーをあてる関節超音波検査とは?関節超音波(関節エコー)検査は、関節に超音波をあて、関節の中の...

薬の服用にあたっては、薬の飲み方(服用量、回数、服用のタイミング)をはじめ、ほかの薬の併用、服用期間、副作用などを確認したうえ、的確に対処しましょう。薬物療法を進めるうえで最も大切なのは、医師の指示を守ることです。薬への不安をなくすためにも、医師とのコミュニケーションを図りましょう。飲み始めに痛風発作が起こることもある尿酸値が薬によって急に下がると、それまで関節にたまっていた尿酸の結晶が緩んで、発...

痛風発作が起きたら、あわてずに患部を心臓より高くして冷やします。幹部を安静にする工夫をしましょう。薬がない場合はできるだけ早く病院を受診してください。痛風発作中のチェックポイント応急処置(アイシング)患部の安静足に合った靴を履く動物由来の高プリン体の摂取を避けるアルコールを避ける痛風発作おきたときの対処はどうするのか?痛風発作が起きる時間帯というのは、深夜や朝方という病院の休診時間が多いのです。発...

チェリー(さくらんぼ)は、有史以前から食べられてきた果物で、欧米では「痛風に効く民間薬」として広く知られています。近頃、アメリカではタルトチェリーには、痛風発作を起こしにくくする作用があるとして話題を呼んでいます。タルトチェリーは酸味が強く、チェリーパイの中身や濃縮ジュースになるなど、アメリカの食卓ではポピュラーな品種です。抗酸化ポリフェノールとして広く知られているアントシアニンやエラグ酸が豊富に...