痛風は男性のみの病気だけじゃない!女性も痛風になる!?

痛風・高尿酸血症は、圧倒的に男性に多い病気だ。1992年の東京女子医科大学病院の調査では、痛風患者の男女比をみると、男性の98.5%に対して、女性はわずか1.5%。これほど差がある病気は珍しいのです。

尿酸値の平均値をみると、男性3.5〜7.0mg/dlと、もともと男性のほうが高めだ。女性は尿酸値が低いという現状から、3.0mg/dl上昇しないと基準値に到達しないため、高尿酸血症にならず痛風にもなりにくいというわけだ。これは、エストロゲンという女性ホルモンによって、腎臓からの尿酸の排泄が促進されているためと考えられている。
  前よりは痛風患者が増える傾向がある。また、遺伝的な病気、薬物の影響、そのほかの特殊な状態により女性も痛風になることがある。

女性は正常範囲内なら心配はないのか?


女性の場合は、それほど尿酸値に注意をはらわなくてもよいかと考えてしまう人もいるかもしれない。しかし、正常範囲であっても尿酸値の上昇と、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の発症リスクが関連していることがわかってきている。女性でも尿酸値5.0〜6,9mg/dlである場合は、生活習慣病が合併していないか注意する必要がある。また、4.0mgdlだった人が6.5mg/dlになるなど、急激に上昇するような場合も同様だ。