体内の「尿酸プール」があふれると尿酸値が高くなる

 

nyousannchi

体内にある尿酸は、からだの中でつくられる量(生産)と、身体の外に出される量(排泄)のバランスによって、常に一定量が保たれている。体内に蓄えられている尿酸の総量を「尿酸プール」と呼んでいる。通常、尿酸プールには、約1200mgという一定量の中で、1日700mgの尿酸がつくられている。一方、腎臓からは1日700mgが尿として排泄されている。こうして毎日約700mgが入れ替わっている。

 

しかし、体内で尿酸がつくられすぎたり、不要となった尿酸がうまく体の外に排泄されなくなったりすると、尿酸の生産と排泄のバランスが崩れてしまう。すると、尿酸プールが増えていき、尿酸値は上昇する、その結果、高尿酸血症になる。

 

 

尿酸は水に溶けにくい性質があるが、やっかいなのは、これ以上は分解できないという「最終代謝産物」である点。体外に排泄される尿酸はわずか10%ほどで、残りは再吸収される。つまりは、尿酸は体内に蓄積されやすく、排泄されにくいのです。

 

 

体内の「尿酸プール」があふれると尿酸値が高くなる

 

体内の尿酸は、常に一定量に保たれている。正常な場合は、尿酸の生産と排泄の量はほぼ同じなので、尿酸プールがあふれることはない。しかし、生産と排泄のバランスが崩れると、高尿酸血症になる。