激烈な痛みで歩行困難になる「急性痛風発作期」とは?

nyousannchi

これまでなんの症状もなかったのに、ある日突然、足の親指のつけ根などが激痛に襲われる。この痛風発作が起こったり治ったりを繰り返す時期が「急性痛風発作期」です。患部はあたかも骨折でもしたかのように赤紫色に腫れあがり、熱をおびたような不快感が伴う。あまりにの痛さに、安静に眠ることや歩くことを困難にさせるほどです。はじめて痛風発作にみまわれたときは、だれでも例外なく驚くものです。

 

一度目の発作は、約7割が足の親指のつけ根に起こる。夜中から明け方に起こることが多く通常、痛みは24時間以内にピークに達し、数日から遅くても2週間で何事もなかったように治まる。しかし、放置しておけば、2度目、3度目の発作を起こすことになる。発作の頻度は個人差があるが、適切な治療を行わないと、発作の間隔は次第に短くなっていく。また、発作を繰りかえす部位は、関節の変形や骨の破壊などが起こるようになる。

 

 

 

痛風発作の前兆と、発生しやすい部位

 

痛風発作がいつ起こるかは予測不可能だが、前兆が見られる。足の親指のつけ根の関節に「ピリピリ」や「ムズムズ」といった違和感を感じる。症状を進行させないためにも、身体が発する「SOS」を見逃さないようにしよう。

 

足の甲

 

親指のつけ根

 

アキレス腱

 

くるぶし

 

ひざの関節