高尿酸血症には尿酸排泄低下型、尿酸産生過剰型、混合型がある

 

nyousannchi

高尿酸血症は、体内での尿酸の生産と排泄のバランスが崩れて、血液中に尿酸が増え、尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態です。したがって、高尿酸血症の人の場合は、

 

尿酸排泄低下型

 

尿酸産生過剰型

 

混合型

 

の3つのタイプに分けられる。最も多いのが尿酸排泄低下型で、痛風・高尿酸血症患者の約6割を占めている。尿酸産生過剰型は約1割、残りの3割はふたつが合わさった混合型と考えらている。尿酸排泄低下型と混合型を合わせると、約9割の人に尿酸の排泄低下があることになる。

 

その理由には、体質や生活習慣が関係するようです。腎臓から尿酸を排泄する能力が体質的にいくらか低い人に尿酸排泄低下と産生過剰を促す生活習慣が加わると、高尿酸血症になると考えられている。また、腎臓機能が低下することでも尿酸の排泄が低下する。痛風の人の場合は、体内の尿酸の量が過剰になって溶けきれなくなり、関節内で尿酸が結晶化する。さらに、腎臓に沈着すると腎臓害が起こる。

 

高尿酸血症の3つのタイプ

 

どのタイプかは、尿検査と血液検査を組み合わせて決められる

 

排泄量が少ないタイプ「尿酸排泄低下型」

つくられる量は正常だが、排泄が少ないために尿酸値が上昇する。日本人に最も多いタイプ。

 

生産量が多いタイプ「尿酸産生過剰型」

排泄する量は正常だが、つくられる量が多いために、排泄が間に合わずに尿酸値が上昇するタイプ。

 

排泄量が少なく、産生量が多いタイプ「混合型」

尿酸排泄低下型と尿酸産生過剰型があわさったタイプ。