痛風発作はストレスと尿酸値上昇が原因

過度なストレスは尿酸値を上昇させる

ストレス

過度なストレスがかかったときに、痛風発作を引き起こすことがある。なぜ、ストレスが尿酸値を上げるのか、科学的な因果関係は解明されていませんが、おおぬね、次のようなメカニズムが作用していると推測されます。

 

ストレスを受けて心身が緊張すると、しばしば自律神経が過度に緊張して障害を引き起こします。そうなると尿酸の生産が進み、尿酸値が上がりやすくなります。また、ストレスをやわらげるために甘い物を摂取することが多くありますが、これも尿酸値を上げる原因になります。

 

ストレスは、だれにでも多かれ少なかれあるものです。そして、どんなに頑張ってもストレスをゼロにすることはできないのです。また、その必要もないのです。ストレスはあって当たり前のものと考えて、ストレスとは気楽につきあおうとする姿勢のほうが、結果はいいようです。

 

 

 

頑張りすぎ、仕事一筋に人は危険!

 

ストレスをためやすい人は、目標を達成する意識が高い人、行動力が人並み以上にある人、競争が好きな人、何事も追求してしまう人、成功したい願望が強い人、常に時間に追いやられている人、何事も効率よく業務を進めたがる人、イライラしやすき神経質な人。ストレスが溜まっているときに、「激しい運動を行う」「長時間歩く」「高プリン体食品の過剰摂取」「サウナなどで大量の汗をかく」「アルコールの過剰摂取」などがあると、尿酸値は上がりやすくなります。日ごろからストレスや疲労をためないように心がけましょう。